シャンプーをして清潔にしているのに頭皮がかゆいのはどうして?

毎日きちんとシャンプーをして清潔にしているはずなのに、なぜか頭皮がかゆいということはありませんか?

 

しばらくすれば頭皮のかゆみはおさまるだろう…とそのまま放置してしまうと、かゆみだけではなくその他の頭皮トラブルが起きてしまう可能性もあるため、放置せずにしっかりと改善していくことが大切です。

 

頭皮も皮膚なので化粧品などが合わないことがあるように、自分に合わないシャンプーを使っていることによって、頭皮に炎症が起きてしまうことがあります。

 

このような頭皮トラブルを改善していくために、まずはその原因とかゆみの対策方法を知っていきましょう。

 

頭皮のかゆみの原因は1つじゃない?気をつけたいこととは?

頭皮の乾燥

頭皮の乾燥は、シャンプーのしすぎや洗浄力の強すぎるシャンプーで髪や頭皮を洗うと、頭皮に必要な皮脂まで洗い落とされてしまったり、エアコンなどの乾いた風に当たることで乾燥してしまい、頭皮にかゆみを引き起こしていると言われています。

 

皮脂は頭皮の潤いや、紫外線や乾いた風などの刺激から頭皮を守るバリアのような役割もしているため、必要な皮脂まで洗い落とされてしまうことで頭皮が刺激に敏感になってしまいます。

■頭皮の乾燥が原因で起こる症状
・かゆみ
・粉のようなフケ
・かさぶたや痛み

 

過剰な皮脂分泌

一般的に皮脂量が多いと思われているのは顔のTゾーンですが、実は頭皮の皮脂量はTゾーンの約2倍もあるのを知っていますか?

 

頭皮は乾燥しすぎると皮脂の分泌が過剰になってしまい、多くなってしまった皮脂は頭皮に長い時間とどまり、その皮脂をエサにしている菌が大量に繁殖することで頭皮に炎症が起きてしまいます。

■頭皮の過剰な皮脂分泌が原因で起こる症状
・かゆみ
・頭皮ニキビ

 

シャンプーのすすぎが不十分

髪を濡らしたりシャンプーを洗い流すときに熱めのお湯(40度を超える温度)にしてしまうと、頭皮が軽いやけどのような状態になりかゆみを引き起こしてしまうため38度のお湯がベストです。

 

また、シャンプーをしたときにしっかりと頭をすすげていないと、シャンプー液が頭皮に残っていると毛穴が詰まったり、蓄積してアレルギー反応が起きて頭皮に炎症が起きてしまい頭皮がかゆくなってしまいます。

■間違ったシャンプーの方法が原因で起こる症状
・かゆみ
・頭皮ニキビ

 

頭皮の傷

頭皮にかゆみがあると、きれいに洗おうとゴシゴシ爪を立てて洗ってしまいがちですが、頭皮に爪で目に見えない程の細かい傷つけてしまうことで、その傷が炎症を起こしてしまいかゆみを余計に感じてしまいます。

 

■頭皮の傷が原因で起こる症状
・かゆみ
・シャンプーがしみる

 

ホルモンバランスの乱れ

毎日忙しくて疲れがたまっていたり、寝不足、食生活の乱れなど、身体にストレスがかかってくるとホルモンバランスが乱れてしまい、頭皮の環境が悪くなって炎症が起きやすくなります。

 

■ホルモンバランスの乱れが原因で起こる症状
・かゆみ
・頭皮湿疹

 

頭皮の病気

頭皮の病気の種類はいくつかありますが、食生活やアレルギーなどがきっかけで頭皮が不調になることで炎症が起きてしまいます。

■頭皮の病気が原因で起こる症状
○脂漏性皮膚炎
・かゆみ
・フケのついた湿疹
○接触性皮膚炎
・湿疹
・かゆみ
・腫れ

 

頭皮のかゆみにおすすめのシャンプーは?

市販のシャンプーの洗浄力が強い高級アルコール系の界面活性剤は、頭皮から必要な皮脂まで取り除かれて乾燥してしまい肌トラブルが起こってしまいますが、その他にもシャンプーに含まれる浸透力が強い化学的な成分も頭皮にダメージを与えてしまいます。

  • 合成界面活性剤
  • 人工的香料
  • 着色料
  • 保存料 など

 

頭皮のかゆみは、結局のところ「頭皮のバリア機能の低下」が大きく関係しているように思います。

 

バリア機能の低下の原因となる乾燥は、洗浄力の強すぎるシャンプーもその原因の1つになっているため、改善するには必要な皮脂まで洗い流さない、肌にやさしいアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

 

人の肌は弱酸性なので、人の肌の性質に近いアミノ酸系のシャンプーは低刺激で頭皮や髪にもやさしいので、健康な頭皮に改善していくことができます。

 

また、オーガニック、石鹸から作られた自然素材が原料になっているシャンプーもおすすめなのですが、成分表示をしっかりと確認することが必要です。

 

日本国内にはオーガニックなどの製品に対しての基準が統一されていないため、天然由来、植物性エキスなど、自然素材のイメージだけで購入してしまうと、少しだけしか植物性の原料が使われていないということもあります。